電子署名の準備

電子署名を行うためには、いくつか準備が必要です

 

使用したもの

Windows7(64bit)のパソコン

 

住民基本台帳カード

電子証明書

  電子証明書は住民基本台帳カードに記録され、有効期限が発効日から3年間となります

  住民基本台帳カードと電子証明書は、区役所で手続きしてその日のうちに入手できました

  住民基本台帳カードが500円、電子証明書が500円です

 

 

ICカードリーダライタ SCR3310-NTTCom

  メーカーのホームページからドライバの入手とインストールが必要です

 

ソフトウエア

  公的個人認証サービス 利用者クライアントソフト

  登記・供託申請用総合ソフト

 

以下のソフトウエアは後日にインストールします

  アドビアクロバット(リーダーではなくライターです)

  PDF署名プラグイン

 

  アドビアクロバットを除き必要なソフトウエアは無料です

  アクロバットライターは30日間使用出来る無料の体験版を使用することも可能ですが

  手続きが30日以内に終わらないと使用出来なくなってしまうので

  ここではまだインストールせずに電子定款の作成日にインストールすることとします

 

 

ICカードリーダライタ ドライバインストール

 

下記ホームページの SCR3310-NTTCom ドライバのダウンロードページを開きます

ダウンロードページからドライバインストーラとマニュアルをダウンロードして保存します

 

clip_image001

 

ICカードリーダライタ ユーザサポート(ドライバソフトのダウンロード) SCR3310-NTTComの主な仕様/ダウンロード|NTT Com 法人のお客さま

http://www.ntt.com/jpki/data/download2.html

 

 

ドライバのインストールは、ICカードリーダライタをパソコンに接続せずに行います

インストール手順はダウンロードしたマニュアルを参照しながら行ってください

インストールには管理者権限が必要です

 

インストールが終了したらICカードリーダライタをパソコンのUSB端子へ接続して

デバイスドライバが正しくインストールされたことを確認してください

 

 

公的個人認証サービス

 

公的認証サービスに関しては下記ホームページを参照してください

住基カード取得

電子証明書取得

対応しているICカードリーダ等についてわかりやすく紹介されています

 

clip_image002

 

公的個人認証サービス ポータルサイト

http://www.jpki.go.jp/

 

 

次に利用者クライアントソフトをダウンロードします

合わせてインストール方法もダウンロードして、マニュアルを参照しながらインストールしてください

 

 

clip_image003

 

Windowsをご利用の方 : 公的個人認証サービス ポータルサイト

http://www.jpki.go.jp/download/win.html

 

 

 

インストールが終了したら 電子証明書が読み取れるか確認します

 

JPKI利用者ソフトを起動します

 

clip_image004

 

 

住基カードを挿入して自分の証明書を見てみます

 

clip_image005

 

 

電子証明書のパスワードを入力すると証明書が表示され

電子証明書を読み取れることが確認できます

関連コンテンツ


まとめ記事紹介

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss