NetBeans 7.3でPHP開発環境を構築

PHPの開発ツールとして、NetBeans 7.3 をインストールしてみました。第一印象はかなり良い感じです。

NetBeansは、使ったことがありませんでしたが、検索するとPHPの開発によく使われているようです。最近バージョンが7.3になったようで、このバージョンの情報は少なめですが、過去のプログラム資産があるわけでないので、迷わず最新バージョンを使ってみます。

NetBeans 7.3 インストール

ダウンロード

NetBeans IDE 7.3 ダウンロード からPHP版をダウンロードします
※Java6以降のバージョンがインストールされていない場合には、先にJavaをインストールします。

2013/3/13 追記 Java6 がインストールされていても、最新のJava7をインストールしないと「埋め込みWebkitブラウザ」を使用する時にバージョンが古いといわれ実行出来ない場合があります。また64bit環境の方は、Java7(64bit)を入れて下さい。

clip_image001

「ダウンロード」をクリックしてダウンロードを行います

clip_image002

NetBeans 7.3 PHP Windows インストーラ/日本語 (ja) ファイル netbeans-7.3-php-windows.exe を保存します

インストール

netbeans-7.3-php-windows.exe をダブルクリックしてインストールを行います

clip_image003

次へをクリックして、インストールを続けます
使用許諾に同意します
インストール先選択です。デフォルトのまま進めます

clip_image004

確認画面を見て、インストールを実行します
インストール中の様子が表示され、しばらくするとインストール終了です

clip_image005

動作確認

デスクトップに作成された NetBeans のアイコンをダブルクリックして起動させます

clip_image006

XAMPPでサーバーが起動していなければ動作させます

NetBeans IDE PHPクイック・スタート・チュートリアル に沿って Hello World プログラムを作成してみます

clip_image007

プロジェクト作成
NetBeans のメニュー ファイル→新規プロジェクトを選択します
カテゴリからPHPを選択して、プロジェクトPHPアプリケーションを選択

clip_image008

プロジェクトの名前と場所
プロジェクト名は NewPhpProject 、場所はドキュメントルート下の NewPhpProject とします

clip_image009

実行構成
ローカルWebサイトでの実行です。
XAMPPのApacheサーバーが動作している必要があります

clip_image010

プロジェクト生成
ここではPHPフレームワークは使用しないので、終了をクリックするとプロジェクトが作成されます

clip_image011

Hello world 表示プログラム
index.php ファイルの // put your code here の部分へ次のコードを挿入します

echo "Hello, world! This is my first PHP project!";

clip_image012

プロジェクトを実行させるとブラウザに Hello World — が表示されます

clip_image013

デバッガーの設定

xdebug 設定

とりあえずPHPが動作することは確認出来ましたが、このままではデバッガは動作していません。XAMPPの画面から pcp_info() を参照しても xdebug に関する情報は表示されていません

clip_image014

WindowsでのPHP開発環境の構成 サイトを参考に C:\xampp\php\php.ini ファイルの一番後ろに記述されている xdebug の設定を修正します。

clip_image015

ここの説明は、使用しているバージョンとは違っていますが、ネットを検索したところ問題ないようなので次の5行を追加します

profiler 等の設定は、必要に応じて行なって下さい

[XDebug]
;zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
;xdebug.profiler_append = 0
;xdebug.profiler_enable = 1
;xdebug.profiler_enable_trigger = 0
;xdebug.profiler_output_dir = "C:\xampp\tmp"
;xdebug.profiler_output_name = "cachegrind.out.%t-%s"
;xdebug.remote_enable = 0
;xdebug.remote_handler = "dbgp"
;xdebug.remote_host = "127.0.0.1"
;xdebug.trace_output_dir = "C:\xampp\tmp"
zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_host=127.0.0.1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp

修正が済んだら Apacheサーバーを再起動します

XAMPPの画面から pcp_info() を確認すると xdebug 関連が追加されています

php_info()はアルファベット順に表示されているので結構下の方に表示されます

clip_image016

NetBeans側のデバッグ設定

NetBeans側の設定を確認します

メニューからツール→オプションを選択して、デバッグタブをクリックします

clip_image017

デバッガ・ポートを確認します

php.iniで設定されたXDebugが使用するポートで、デフォルトがポート9000です

このダイアログのポート番号は、php.iniで設定したデバッガ・ポートと同じである必要があります。

デバッグセッション実行

先ほど作成したサンプルをデバッグセッションで動作させてみます

clip_image018

ブレークポイントが有効となり、ステップ動作できることを確認しました

変数や呼び出しスタック等も参照できるようです

デバッガの詳しい使い方は、NetBeans IDEでのPHPソース・コードのデバッグ に紹介されているので参照してみて下さい。

ようやく最低限の NetBeansの使い方がわかったところです

第一印象は非常に良いので、無くてはならないツールになりそうな感じがします

PHPの勉強をかねて、少しずつ使い込んで行こうと思います (^^)

関連コンテンツ


まとめ記事紹介

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss