プラグイン Dynamic Category Tag Cloud

標準のタグクラウドをベースにして、現在表示している記事の関連カテゴリーを動的に調べて、そのカテゴリーの記事に関連するタグのみを表示するタグクラウドプラグインを作成しました

このプラグインを作るきっかけは、タグクラウドの表示がカテゴリーに関係なく全ての記事を対象に行われているのが以前から気になっていたので、記事に関連したカテゴリー情報を収集してそれを元にタグクラウドを表示したいと思ったからです

これにより表示記事のカテゴリーに関係のないタグの表示がされなくなるので、タグクラウドがスッキリするし、タグから関連記事を探しやすくなると思います

タグクラウドを関連カテゴリーにより切り替える

例えば、このサイトでは現在、合同会社の設立関係の記事とホームページやプログラム作成関連の記事があるわけですが、こんな感じに関係あるタグのみを表示することが出来るようになります

会社関係の記事

SnapCrab_NoName_2013-5-29_18-54-54_No-00

ホームページ作成関係の記事

SnapCrab_NoName_2013-5-29_18-57-57_No-00

Dynamic Category Tag Cloud パラメータ

それでは、このプラグインのパラメータ設定を簡単に紹介します

SnapCrab_NoName_2013-5-29_19-8-29_No-00

タイトル

タグクラウドのタイトル表示です

関連カテゴリー

ここの設定がこのプラグインの特徴となっています

関連範囲

  • 全てのカテゴリー
  • 現在のカテゴリー
  • 現在のカテゴリーから子孫を含む
  • 祖先のカテゴリーから子孫全体を含む

記事のカテゴリーを元に、その記事に属しているカテゴリーのみを対象とするのか、その子孫カテゴリーを含めるのか、あるいは、そのカテゴリーを含む祖先からの子孫全体のカテゴリーを対象とするのかを指定します
また、全てのカテゴリーを指定すれば、記事のカテゴリーに関係なく全てのタグが対象となります

内部リンク先のカテゴリーを含む

この設定は、固定ページやカテゴリーが指定されていない記事を想定して、記事中に内部リンクが存在すれば、そのリンク先記事のカテゴリーを対象とするかを指定します

例えば、ブログのまとめ記事としてリンクを張っているような場合に使えると思います

除外カテゴリー

これは、カテゴリーの中から強制的に除外したいカテゴリーを指定します
例えば、お知らせや未分類等の対象に含めたくないカテゴリーを指定します

以上の関連カテゴリーの条件により、現在対象とするカテゴリーを動的に決め、そのカテゴリーに属している記事情報からタグのデータを収集します

表示形式

タグの表示形式をフラット/リストから指定します

並び順

タグの並びを名前/記事数から指定します

順序

順序を昇順/降順/ランダムから指定します

フォントサイズ

記事数によりフォントのサイズを指定した範囲内で自動的に決定します

タグの最大表示数

表示するタグの最大数を指定します
0は無制限となります

 

標準のタグクラウドでは設定項目がほとんどありませんが、内部で呼び出している WordPress の wp_generate_tag_cloud() 関数は、様々な指定が出来るようになっています。従って、関連カテゴリーからタグを抽出する処理さえ作りこめば、他の設定に関しては、必要なパラメータデータを渡すだけですみました。

2013/5/30 プログラムを公式サイトに登録しました
公式サイトからダウンロードすることが出来ます

http://wordpress.org/plugins/dynamiccategorytagcloud/

また、このプラグインの操作説明や機能アップ等に関しては、最新の状態がわかるように固定ページを設けました。

WordPress Plugin : Dynamic Category Tag Cloud

よろしければ試してみて下さい (^^)

関連コンテンツ


まとめ記事紹介

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss