NetBeansでMySQLデータベースへ接続してみる

Webプログラムでいろいろなデータを扱うには、データベースは避けては通れない道ですので、Netbeansを使いまずはローカル環境でデータベースの基本を学びたいと思います

事前準備として、XAMPPでローカル環境を構築しておく必要があります
XAMPPの構築は PHPテスト環境(XAMPP) を参照して下さい

XAMPPの環境構築時に phpMyAdmin を使い、MySQLデータベースサーバーへのパスワード設定を行います

phpMyAdmin は、MySQLサーバーをウェブブラウザで管理するためのデータベース接続クライアントツールでMySQLのデータベースに対して様々な操作が行えます

今回は、お気に入りの NetBeans7.3 を使ってデータベース操作を行っていきますが、作業は WordPress用とは別のテスト用データベースを作成して行います

下記サイトのチュートリアルに沿って進めて行きます

MySQLデータベースへの接続 – NetBeans IDEチュートリアル

データベースサーバへ接続

XAMPP上の MySQL を事前に Start させておきます

NetBeans7.3 を起動して、サービス ウィンドウを開きます

image

データベースを右クリックして MySQLサーバーを登録 をクリックしてプロパティを確認します

image

現在のMySQLサーバーのプロパティが表示されます
また、管理プロパティに管理ツールや起動、停止のコマンドを登録できるようですが、MySQLのスタート、ストップはXAMPPから行えるので、とりあえず空欄のままとします

登録するとデータベースへ MySQLサーバーが追加されるので、右クリックから 接続 してみます

image

image

パスワードを指定していませんでした (^_^;)
プロパティを表示させ、XAMPP構築時に設定してあるパスワードを入力して接続します

image

MySQLサーバーに接続出来たようです

データベースの作成

MySQLサーバーlocalhost:3306 [root] を右クリックして、データベースを作成 を指定します

テスト用の mystudy データベースを作成してみます

image

image

データベース mystudy が作成され、自動的に mystudy に接続されたようです

ちなみにデータベースの構造のことを スキーマ と呼ぶようです

表(テーブル)の作成

まだ、データベースを作っただけですので、テーブルを作成して何かデータを入れてみたいと思います

テーブルを作成する2つの方法を順に試してみます

  • SQLエディタから作成
  • ダイアログから作成
SQLエディタからテーブル作成

デフォルトスキーマをクリックすると展開されるので、mystudy から 表 を右クリックして コマンドの実行 を選択します

SQLエディタ画面が開きます。 さすが NetBeans です (^^)

本来は、ここでSQLコマンドを作成して実行するわけですが、SQLコマンドがまだ良くわかっていないので、今回は、MySQLデータベースへの接続 – NetBeans IDEチュートリアル サイトのサンプルの Counselor表の表定義コードをコピー&ペーストで試してみます

CREATE TABLE Counselor (
    id SMALLINT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,
    firstName VARCHAR (50),
    nickName VARCHAR (50),
    lastName VARCHAR (50),
    telephone VARCHAR (25),
    email VARCHAR (50),
    memberSince DATE DEFAULT '0000-00-00',
    PRIMARY KEY (id)
            );

image

タスクバー上の SQLの実行 アイコンをクリックすると、Counselor のテーブルが生成されます

image

次にダイアログから作成してみたいと思います

ダイアログからテーブル作成

mystudy の を右クリックして 表を作成 を選択します

image

表名に Subject と入力して、列の追加 をクリックします

image

名前に id と入れ、タイプを SMALLINT にして、主キーをチェックしてOKをクリックします

同様に以下の列を追加していきます

名前

タイプ

サイズ

name

VARCHAR

50

description

VARCHAR

500

FK_counselorID

SMALLINT

0

 

clip_image001

追加したら、OKをクリックしてテーブルを作成します

image

データベースエクスプローラに作成したテーブルが表示されます

どちらの方法でもテーブルを作成できることが確認出来ました

データの入力と取得

データベースへのデータの入力、変更、削除等の様々な処理は全てSQLコマンドにより行われる事となります

SQLコマンドの知識が不可欠となってきますが、ここではデータの入力と取得を行ってみたいと思います

Counselor のテーブルを右クリックして、コマンドの実行 を選択します

参考サイトのサンプルコードを用いて、SQLエディタからSQLコマンドを実行してみます

INSERT INTO Counselor
VALUES (1, 'Ricky', '"The Dragon"', 'Steamboat','334 612-5678', 'r_steamboat@ifpwafcad.com', '1996-01-01')

実行したら、次にデータが取得できるか確認してみます

Counselor を右クリックして データを表示 を選択します

image

ちゃんとデータが登録されていることが確認出来ました

とりあえずデータベースを扱う為のはじめの一歩は踏み出せたようです (^^)

関連コンテンツ


まとめ記事紹介

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss