WordPress Plugin : Celtispack

Celtispack プラグインパック

このプラグインは沢山の機能が詰め込まれています
一つ一つの機能は、定番のスーパープラグインには劣っているかも知れませんがチーム力で対抗出来るように様々な機能をバランスよく盛り込んであります (^^)

また、実装している機能は、Celtis_s テーマに最適化されたものとなってます。

Celtis_s テーマと合わせて使用するのがお勧めです (^^)

公式テーマ等でもほとんどの機能は動作すると思いますが、テーマによっては、動作しない可能性もあります

動作を確認した環境は、WordPress 4.1 – 4.6 です。
4.1 以下で動作する機能もありますが、最新版の使用を推奨します

ダウンロード

Celtispack 最新版 2016/10/31 Version 2.2.1

Celtispack プラグインパック Ver2.2.1 (WordPress Plugin)

 

Ver2.2.0 の主な追加内容

  • bbPress(フォーラムプラグイン)使用時に機能していなかったモジュールの対応
  • post branch utility のカスタム投稿タイプへの対応(ベータ版)

Ver2.2.1  PHP waning error (cp-settings.php) 対策

 

詳細は更新履歴をご覧ください

 

旧バージョン  Version 2.1.0

Celtispack プラグインパック Ver2.1.0 (WordPress Plugin)

 

 

ダウンロードした celtispack-v2.2.0.zipファイルを WordPress 管理画面のプラグイン新規追加画面を開き、アップロードからファイルを選択してインストールして下さい

アップロードしたら管理画面から有効化すれば使用することが出来ます

その前に注意がありました。

このプラグインは Celtis-one テーマVer1.5 で実装していた機能や私が公開していたいくつかのプラグインをまとめ直したものとなっています。従って下記のテーマやプラグインを既に使用している方はそれらを先に削除してからインストールを行って下さい m(__)m

削除推奨テーマ/プラグイン一覧

  • Celtis-one Ver1.5 以下 のテーマ
  • Post6WidgetArea プラグイン
  • Dynamic Category Tag Cloud プラグイン
  • GAーPVcounter プラグイン
  • ultra-help-cache プラグイン
  • celtis gallery slider プラグイン
  • Responsive_ads プラグイン

ちなみにこれらの単独のプラグインは、この celtispack プラグイン内に主な機能を取り込んでありますので今後の更新は行いません。celtispack プラグインをお使い下さい。

 

Ver1.6.1 – 2.2.0 注意点

ファビコン

WordPress4.3 からサイトアイコンというファビコンの設定機能が標準で組み込まれましたので、WP4.2 以下の場合のみこの機能を有効化して表示しています。WP4.3 以上を使用している方はサイトアイコン機能を設定してから更新することをお勧めします

CSS

Celtis_s テーマに合わせて、CSSを微調整しています
旧バージョンからの更新は、影響がないかテスト環境で確認してから更新して下さい m(__)m

 

免責事項

本ソフトウェアを使用した事による、いかなる損害も作者は一切の責任を負いませんので、自己責任の上でご使用下さい

 

プラグイン更新時の注意

プラグインを更新する時は、一度削除してから再度インストールする必要があります
この時に Celtispackプラグイン削除時にオプションデータはクリアせずに残しておく(再インストール用) という設定項目がありますので忘れずにチェックして下さい

そうしないとせっかく設定したデータが消えてしまいます

※キャッシュ系のプラグインやXサーバーの mod_pagespeed をお使いの場合は、設定を OFF にしてからプラグイン更新して下さい。CSSやJS がキャッシュされているので古いCSS、JSが使われて正しく動作しない場合があります。プラグイン更新が正常に終了してからそれらの設定を有効化して下さい。

 

プラグイン機能紹介

このプラグインのお薦めは Thumbnail optimize です

他にも、様々な機能を持っていますが、これだけでも じぇじぇ って言うくらい便利です (^^)

 

Thumbnail optimize 機能

下記の4つのプラグインの良い所を取り入れて一つにまとめた様な機能です

アイキャッチ/サムネイル関係の機能向上と最適化を行います
画像だけでなくいくつかの動画サムネイル等にも対応しています

  • 拡張アイキャッチ機能
  • サムネイルの再作成機能
  • jpeg 画像の画質指定
  • png画像のサムネイルを jpg形式へ変換する機能

とにかくこの機能を有効にしておけば、アイキャッチがとても簡単に設定できるようになりストレスが軽減されるはずです (^^)

WordPressアイキャッチは動画等のサムネイルも簡単にセットできる半自動がお勧め!
WordPress のアイキャッチ設定が動画サムネイルを含めてとても簡単にできるプラグインを作成しましたので紹介します。TinyMCE 上で選択した画像や Youtube, Vimeo, Frickr , Instgram, Vine 等のサムネイルを簡単にセットすることが出来ます (^^)…

※Ver1.9.0 でjpeg 画質の設定を画質 90, 82, 70, 60 の4段階からの選択にしました。Ver1.9.0への更新後は画質の設定を再確認して下さい。また、WordPress 4.4 をお使いの場合には、中大(medium_large)画像のサイズと画質設定項目も表示されます

レスポンスイメージ srcset

WordPress 4.4 では、レスポンスイメージ srcset 機能が追加されています。標準で有効化されていますので、その無効化機能を追加しました。

srcset 機能は、お使いの環境で問題ないことを確認してから有効化することをおすすめします
詳細は、下記記事を参照して下さい

WordPress4.4 レスポンシブイメージ srcset の実験
WordPress 4.4 でサポートされたレスポンシブイメージの srcset と sizes について実験してみました。使用しているテーマでどのように機能しているか確認することが大切です。
期待どおりに動作していない場合には一時的に機能を停止することをお勧めします (^^)…

 

Unveil Lazyload

画像の遅延ロード(Unveil lazyload)を行いブラウザの表示を高速化します

画像をたくさん使用している場合にお勧めの機能です

画像遅延ロード Lazy Load (Unveil.js) で体感表示スピードアップ!
WordPress で画像が多いページの表示スピードを早くするための画像遅延ロード Lazy Load (Unveil.js)の設置方法を紹介します

※Ver1.9.0 でレスポンシブイメージ(srcset,sizes)の遅延ロードに対応しました
※Ver2.0.0 で埋め込み要素(Youtube, Vimeo, Vine, Twitter, Instagram, SlideShare, SpeakerDeck, SoundCloud, WP-EmbedCard)の遅延ロードに対応しました

 

Gallery Slider

FlexSlider2 を用いてギャラリーにスライダー機能を追加します

標準のギャラリーと同じ方法で、お手軽にクールなギャラリースライダーを設置できます
但し、この機能を使うには、JetPack か slimjetpack が有効になっている必要があります

これは最近のお気に入りです (^^)

テーマによっては表示がずれる等がありますので、CSSで調整してみてください

WordPress ギャラリーを印象的に見せるレスポンシブスライダー(複数設置対応)プラグイン
WordPress のギャラリーにレスポンシブなスライダー機能を追加するプラグインです。標準ギャラリーと同じ使い方で、ギャラリーを簡単にスライダー表示にし、スライダーをページ内に複数設置することも出来ます (^^)…

 

FitVids

Youtube, Vimeo, Vine, Slideshare, SoundCloud, SpeakerDeck 等の動画やスライド等をレスポンシブ対応表示にします

FitVids表示例

jQueryの Fitvids.js という動画をレスポンシブ対応にするスクリプトを使用しています

レスポンシブ対応のテーマで動画がレスポンシブ対応になっていない場合にお使い下さい

シュミレータ上で確認しただけですが、いい感じに表示されているのがわかると思います (^^)

entry-content class タグ内のコンテンツにある動画リンクが対象となっていますので、動作しない場合は entry-content タグがあるか確認してみてください

※ oEmbed ウィジェット機能を使用する場合は、合わせて有効化することをお勧めします

 

 

 

oEmbed extend

WordPress の oEmbed 埋め込み機能を拡張します

OGP 取得によるブログカード表示

Hatena のブログカードのような表示を OGPデータを取得して表示する機能です
この機能は WordPress 4.0 以上で使用可です

WordPressで「はてなブログカード」のような埋め込み機能作成
WordPress 4.0 以上で使用できる「はてなブログカード」のようなOGPブログカードの埋め込み機能を作成したので紹介します

WordPress 4.4 ではブログカードの埋め込みが標準でサポートされました。そこで、WP4.4以上ならブログカードの方式を WordPress oEmbed形式 / Celtispack OGP ブログカード形式 / 併用形式 から選択出来るようにしました。

※Wordpress oEmbed 形式は、サーバー環境によってはおすすめできない場合もありますので、どの形式を使用するかはよく検討して下さい

また、Wordpress oEmbed ブログカード形式で引用されたくない場合は、oEmbed 用のタグ出力を停止することが出来ます。
詳細は下記記事を御覧ください

WordPress 4.4 oEmbed 埋め込みカードの仕組みと注意点!!
WordPress 4.4 から追加された oEmbed 埋め込みカード機能の仕組みと使用上の注意点を紹介します。この機能を停止するためのコードも紹介します (^^)

 

Ustream, CodePen, SpeakerDeck の oEmbed 埋め込み

Flickr, SpeakerDeck 等の埋め込みにタイトル、著作者のキャプションを表示する機能
WordPress の埋め込み機能では Flickr 画像にタイトル、著作者が表示されないため記事投稿/更新時にキャプションとしてタイトル、著作者のリンクを自動的に付ける機能です

WordPress Flickr 画像に自動的に著作者クレジットを付ける
WordPress の埋め込み oEmbed を使って記事に挿入した Flickr 等の画像のキャプションに自動的に作品タイトルと著作者表示を付けるプログラムを紹介します…

 

SoundCloud 埋め込みコードカスタマイズ

WordPress でサポートしている SoundCloud の埋め込みではサムネイルタイプを指定出来なかったので、embed ショートコード を使用して height=180 以下指定時にサムネイルタイプを使用するようにする機能です

WordPress SoundCloud oEmbed カスタマイズとサムネイル取得
WordPress から oEmbed を使用して取得した SoundCloud の埋め込みコードのカスタマイズやサムネイル取得のプログラムを紹介します

 

oEmbed キャッシュデータクリア

oEmbed データを投稿に埋め込むとそのキャッシュデータを簡単に削除する方法が標準では用意されていません。そこで、TinyMCE エディタのツールバーにこれらの埋め込まれた oEmbed データのキャッシュをクリアする為の歯車マークのボタンを追加しました。

例えば、Flickr 等の埋め込みにタイトル、著作者のキャプションを表示する機能を付けたけどやっぱり元に戻したいという場合等にそのキャッシュデータをクリアするときに使用します

 

oEmbed 埋め込み用ウィジェット

サイドバーにoEmbed機能を使って動画や画像を表示するためのウィジェットです
Youtube, Instgram, Celtispack OGP ブログカード等をウィジェットで表示できます

WordPress oEmbed 埋め込みウィジェット
WordPressの oEmbed 埋め込みをサイドバーに表示させる為の oembed widget を作成しました。様々な動画や画像サービスのURLを指定するだけで簡単にサイドバーに表示させることが出来るようになります (^^)…

 

Jetpack OGP Extended

Jetpack OGP カスタマイズ

JetPack でパブリサイズ共有か共有が有効になっているとOGPが出力されますが、特にアイキャッチ画像が設定されていない記事の場合には、設定される画像がどうなるのか予測できないところと、著者情報が出力されるところが不満だったのでそこをカスタマイズしました

詳細は下記記事を御覧ください

Jetpack OGPとTwitterカードタグのカスタマイズ
Jetpack でパブリサイズ共有を使用すると出力される OGP とTwitter カードのメタタグのカスタマイズとそのプログラム及び、Twitterカードの申請方法を紹介します (^^)…

※JetPack3 以上のパブリサイズ共有か共有が有効になっている必要があります
※og:image へ拡張アイキャッチを設定する時は Thumbnail optimize の拡張アイキャッチを有効にして下さい

 

Scroll Page Top

ページトップ及び前後ページへのスクロールボタン機能を追加します

Scroll_Page_Top

たいていのテーマでは既にトップへ戻るボタンが実装されていますが、未対応のテーマをお使いの場合にお試し下さい

plugin load filter と組み合わせれば、モバイル以外でのみ有効とすることも可能です

 

 

 

Code Prettify

技術系の記事を書く場合にプログラムコード等を見やすく表示するための google-code-prettify を使用したシンタックスハイライト機能です

シンタックスハイライトでは Crayon Syntax Highlighter 等が定番ですが、もっと軽量でシンプルなものをお探しならば試してみてください

entry-content class タグ内のコンテンツにある pre タグが対象となっていますので、動作しない場合は entry-content タグがあるか確認してみてください

シンタックスハイライトに Google code prettify を導入
wordpress のテーマ(celtis-one)に軽くてシンプルなシンタックスハイライト google code prettify を 組み込んでみました。表示スタイルのカスタマイズについても紹介しています。…

 

Post Branch Utility

記事の複製や更新時の編集作業を便利にする下記2機能を追加します

  • この記事のコピーを作成する
  • この記事の更新用下書きを作成する

この記事のコピーを作成するという機能は、有名な Duplicate Post と同様に保存してある記事をベースに新たに記事を書く時のテンプレートとして利用するときに使用します

この記事の更新用下書きを作成すると言う機能は、現在の記事を公開したまま、画像の差し替えや、内容の修正を行いつつ、作業途中での保存や、指定した時間に予約更新するときに使用します

Duplicate Post を参考に予約更新やもう一度つぶやけるプラグインを作る
WordPress で現在の記事を公開したまま、画像の差し替えや、内容の修正を行いつつ、作業途中での保存や、指定した時間に予約更新する為のプラグインを作成しましたので紹介します (^^)…

※Ver2.2.0 でカスタム投稿タイプをサポートしました。

カスタム投稿タイプを使っている場合のみ、設定画面にカスタム投稿タイプの選択用チェックボックスが表示されるので有効化するタイプを指定してください
但し、標準の投稿と同等のインターフェースをサポートしている場合のみ機能します

 

Disable Emoji

WordPress4.2 からサポートされた絵文字用スクリプト、スタイルシートサポート機能の停止です

絵文字を使用していないなら、不要なスクリプト、スタイルシートを出力しないように設定できます

 

Transient cleaner

有効期限切れの Transient キャッシュをクリアします

プラグインによっては、Transient 一時キャッシュを沢山生成している場合があります。プラグインを無効化した場合でも、その期限切れのキャッシュが wp_options テーブルに大量に残ってしまい WordPress の起動を遅延させる原因となる場合があります。

この機能を有効にして、キャッシュクリアボタンをクリックすれば、そのような有効期限切れの Transient キャッシュをクリアします

 

Post Widget Area

記事タイトル後、モアタグ後、コンテンツ後にウィジェットエリアを設置します

ウィジェットエリアの配置位置ウィジェットエリア(dynamic_sidebar)は、テーマでサイドバーやフッター部によく設けられていますが、定型文やアドセンス広告等を記事内に表示できるようにコンテンツ内へ3箇所のウィジェットエリアを追加します

ウィジェットの設置エリアですので使い方はあなた次第です (^^)

 

 

 

 

Responsive AdSense Widget

アドセンスのレスポンシブ広告を簡単に設置するためのウィジェット

AD-advnce.pngアドセンスのコードはテキストウィジェットを使用すれば設置出来ましたが、レスポンシブ広告を設置する場合はコードをカスタマイズする必要があったりして少し手間がかかりました

そこで簡単にレスポンシブ広告を設置するためのウィジェットを作成しました

widget display filter プラグインと組み合わせれば、表示条件の設定も行うことが出来ます
アドセンスのレスポンシブ広告設置ウィジェット

Celtis_s テーマを使用している場合は、DNSプリフェッチを利用してアドセンス広告が高速に表示されるように設置します

 

ページ単位の広告サポート

Adsense_page_mobile

Google AdSense ページ単位の広告(モバイル向け)を簡単に設置できるようにサポートしました

チェックボックスをチェックしてアドセンスの管理画面で作成したページ単位の広告を取得して、そのコードをそのまま貼り付けて下さい

※この広告が表示されるのは、モバイル機器でアクセスした場合のみです

Recent posts Widget

最近の記事/更新記事を表示するウィジェット

グループ別の最新更新記事ウィジェット
新着/更新記事を画像を付けて紹介します

カテゴリーを指定出来ますので、条件を変えて複数設置すれば、関連グループ毎の表示が可能です

また、投稿フォーマットを活用されている方は、画像やギャラリー、動画等のフォーマットタイプ別の最新記事を表示することも出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

Related posts Widget

関連記事を表示するウィジェット

related_thumb.png同じカテゴリーの関連記事を画像を付けて紹介します

関連記事の表示では Yet Another Related Posts Plugin (YARPP) 等の高機能な定番がありますがシンプルなものをお探しなら試してみてください

 

 

 

 

 

Dynamic Tag Cloud

投稿記事のカテゴリーに関連したタグを表示するウィジェット

公式サイトにも登録していたプラグインですがいまいち人気がありませんでした (^_^;)

タグクラウドは様々なジャンルの記事を書いているとゴチャゴチャと訳の分からない表示になりがちです。そこで表示している記事により関連カテゴリーを自動的に調べて、そのカテゴリーの記事に関連するタグのみを表示するタグクラウドを作ってみました

参照 Dynamic Category Tag Cloud

 

Sharedaddy popular posts

  • Hatenaブックマーク追加
  • g+1/pocket/hatebu/pinterest カウント表示機能追加
  • 共有数による人気記事ランキングウィジェット
  • 共有ボタンを追尾型に変更

※JetPack3 以上の共有が有効になっている必要があります
※共有ボタンは投稿と固定ページのみの表示となります
※共有数による人気記事ランキングは公式ボタン以外を使用した時のみ機能します

Hatenaブックマーク追加

Jetpack に標準で用意されていない はてなブックマークボタン を追加します

カウント表示機能

Jetpack は、公式ボタン以外だと Twitter, Facebook, Linkedin しか共有数が表示されません
この機能を有効にすると Twitter, Facebook, Linkedin, Google+1, Pocket, Hatena, Pintrest の共有数を表示するようになります(公式ボタン以外)

また、CSSを少しカスタマイズして表示ボタンを見やすくしています

アイコン ならば表示サイズを少しだけ大きく、アイコンとテキスト ならば色をつけています
sharedaddy_icon
sharedaddy_icon_text
※共有数表示を高速化するためにデータの取得はサーバー側で行いキャッシュ化しています
公式ボタン等でのJSで行う場合に較べて表示は高速化されますが、表示されるカウントはキャッシュ化された少し古いカウントとなります

※Twitter のカウント取得が 2015/11 で出来なくなるとの事なので、Ver1.6.0 でTwitterカウントの取得を止めました

 

共有数による人気記事ランキングウィジェット

share_widget

共有数をサーバー側で取得するとボタン表示が高速化するだけでなくもう一つ良いことがあります (^^)

共有数データが手元にあるのでそれを活用できることです

ということで共有数による人気記事ランキングを表示するウィジェットを作りました (^^)

ちなみに、はてなブックマーク のような表示にしていますが、はてな だけでなく有効化されている共有ボタンでシェアされている合計値が表示されます

※公式ボタン以外の設定時にキャッシュした共有数を使用しているので、ランキングデータが表示されるまで少し時間がかかります

気長に待ってみて下さい (^_^;)

 

追尾型共有ボタン

これは JetPackプラグインの共有を使用した時の SNS 共有ボタンの表示位置に関する設定で、共有ボタンを追尾型に変更します(共有ボタンは投稿と固定ページのみの表示となります )

設定すると最初は記事のタイトル下に表示されます

share-init_thumb.png

記事をスクロールするとタイトル下からトップへ張り付いて表示します

share-scroll_thumb.png

トップ部分に張り付く感じが目障りにもならずいい感じです

地味な機能ですが意外にお気に入りです (^^)

 

GA popular posts Widget

人気記事の表示ウィジェットとショートコード

f554533740b8.pngGoogleアナリティクスデータを使用した人気記事のランキングとページビューを表示します

人気記事のランキング表示は WordPress Popular Posts 等が定番ですが、一味違ったランキング表示をお探しなら試してみてください

ちょっと設定が面倒な部分がありますが、下記記事を参考にチャレンジしてみてください (^^)

Google Analytics データを使ったページビューと人気記事ランキング

 

 

 

その他の機能

Googleアナリティクストラッキングコード

アナリティクスを使用するためにはアカウント作成を行う必要があります

Googleアナリスティクス導入

アカウントが作成できたらアナリティクス設定画面のプロパティのトラッキング情報から表示されているトラッキングコードをコピーしてここに貼り付けて、チェックボックスをチェックして下さい

analytics-trackingcode_thumb.png

全てのページでこのトラッキングコードが出力されるようになりますが、WordPressにログイン中は自サイトをアクセスしてもトラッキングコードを出力しないようにしています

※Googleウェッブマスターツールのサイト所有者の確認にアナリティクスコードを使っている場合にも支障が出ないようにアナリティクスコードは head に出力しています

※他のアナリティクス用のプラグイン等を使用する場合は空欄にしておいて下さい

 

ファビコン

ファビコン、ウェブクリップアイコン設定

Favicon-setting_thumb.png

詳細は Celtis-one テーマに Favicon 設定 を参照して下さい

※WordPress4.3 からサイトアイコンというファビコンの設定機能が標準で組み込まれましたので、WP4.2 以下の場合のみこの機能を有効化して表示しています。WP4.3 以上を使用している方はサイトアイコン機能を使用して下さい

 

description meta タグ

description meta タグと言うのは、簡単に言うと title タグと同様に検索エンジン(クローラ)に記事の概要を伝えるもので、HTMLドキュメントのheadタグに設置します

この機能は、投稿記事の抜粋を description meta タグとして出力する機能です
基本的には、各記事ごとに抜粋を作成していただくのがベストですが、抜粋がセットされていない場合は記事の先頭から90文字を使用して description として出力しています

※SEO対策プラグイン等で description meta タグを出力している場合は無効にして下さい

 

RSS Feeds へアイキャッチ画像出力

WordPressは標準状態でRSSフィードデータにアイキャッチ画像を出力していません
特にRSSフィードを抜粋のみに設定している場合には出力データに画像が含まれないので Feedly 等で見た時に画像なしの記事として表示されてしまいます

詳細は RSSフィードにアイキャッチ画像を追加して Feedly で確認してみる を参照して下さい

 

他にも下記のちょっと便利な機能をいくつかサポートしています

  • jQuery[1.12.4] を Microsoft Ajax CDN からロード
  • スクリプトとスタイルシートの ?Ver 情報を取り除く
  • テキストウィジェットでショートコードの使用許可
  • セルフピンバックの禁止

以下は無条件で有効化される機能です

  • サムネイル画像の small サイズ 70×70 追加
  • 固定ページの抜粋文入力を有効化
  • 管理画面の記事一覧のサムネイル表示
  • 管理画面の固定ページ一覧のサムネイル、スラッグ表示
  • wp_cron で実行する http リクエストのプロトコルの streams 優先化
  • フッターにクエリー数と処理時間を挿入

※wp_cron のプロトコルに関しては、wp_cron を使った外部データ取得の非同期化とそのデバッグ方法 のような背景があります。環境にもよると思いますが、人気記事データの取得処理で cURL より Streams を使用したほうがパフォーマンスが良かったので streams を使っています

※Ver2.0.0 で管理画面で使用していた Font awesome のアイコンを Dashicons に変更したので Font awesome の読み込みを止めました

テーマ等開発者向けのデバッグ用機能

XAMPP上に構築したローカル環境のデバッグ用機能として URLの localhost を指定した固定アドレスに置き換える機能です

これはテーマ開発時のデバッグ用に組み込んだ機能ですので通常使用において役に立つものではありませんが、モバイルデバイスでの表示確認等に利用出来ますので、子テーマ等でカスタマイズする方には役に立つかも知れません

wp-config.phpdefine(‘WP_DEBUG’, true) が指定したあるとCeltisプラグインパック設定画面の一番下に設定項目が表示されます

localhost_debugsetting.png

参照 ローカル環境のMySQL接続遅延とWordPressのLANアクセスについてのTips

また、外部サイトから取得したサムネイル画像データは、サイトの wp-content/uploads/celtispack/thumbnail フォルダーにキャッシュファイルとして保存管理しているので、そのクリア機能もあります

3776435114cf.png

 

以上

大変多機能ですが、ほとんどの機能が簡単に有効化/無効化で選択出来ます

特におすすめは Thumbnail optimize 機能ですので、試してみてください

Have a good fun! ヽ(^o^)丿

 

 

更新履歴

Ver 2.2.1
* 2016-10-31 PHP waning error (cp-settings.php) 対策

 

Ver 2.2.0
* 2016-10-21 主に bbPress(フォーラムプラグイン)の使用時用の対応です

  • sharedaddy bbPress 対応
  • post-widget-area bbPress 対応
  • unveil-lazyload bbPress 対応
  • bbPress forum, topic 管理画面のアイキャッチ表示(Celtis_s テーマ使用時)
  • post branch utility カスタム投稿タイプ対応(ベータ版)
  • code-prittify is_singular 判定の削除と add_prettyprint.js セレクタの修正
  • current_user_can(‘edit_plugins’) 権限チェックを ‘activate_plugins’ へ変更
  • thumb-optimize jpeg 判定のスペルミス(jepg)修正
  • PHP Notice エラー対策

 

Ver 2.1.0
* 2016-8-24

  • WordPress 4.6 対応
  • thumb-optimize TinyMCE oEmbed HTMLに変更があり拡張アイキャッチ取得エラーが発生していたので対応
  • scroll-to top スクロールボタンのアイコンのクラス名が干渉する場合があったので修正
  • Microsoft Ajax CDN からロードする jQuery を 1.12.4 へ更新
  • 設定画面のリロードが firefox で問題があったので form に autocomplete=”off” を追加
  • YASAKANI Cache プラグイン公開に伴い Ultra help cache 機能を廃止
  • MO stop translate 機能を廃止

 

Ver 2.0.1
* 2016-6-24

  • WP4.5.3 で WP oEmbed Content カードに自サイト用の pre_oembed_result フィルターが追加されOGPブログカードが機能しなくなったので対策
  • Disable emoji に WP oEmbed Content template への絵文字用スクリプト出力停止機能追加
  • Thumbnail optimize jpeg 画質でユーザー独自追加サムネイルサイズの圧縮率を 82 へ変更
  • jQuery CDN action hook を template_redirect から wp_enqueue_scripts へ変更

 

Ver 2.0.0
* 2016-6-3

  • WordPress 4.5 対応
  • responsive-ads ページ単位のモバイル広告機能サポート
  • lazyload 埋め込み要素の遅延ロード対応(Youtube,Vimeo,Vine,Twitter,Instagram,SlideShare,SpeakerDeck,SoundCloud,WP-EmbedCard)
  • oEmbed WP4.5 でサポートされた Twitter timeline を grid タイプで埋め込む機能追加
  • Twitter oembed のエンドポイントを WP4.5 に合わせ publish/twitter/oembed へ変更
  • thumb-optimize Twitter video サムネイル生成で og:image 等に変更に対応
  • Microsoft Ajax CDN からロードする jQuery を 1.12.3 へ更新
  • 管理画面で使用していた Font Awesome アイコンを Dashicons へ変更
  • scroll-to top スクロールボタンのアイコンを fontello 作成のものと差し替え
  • 管理画面のアイキャッチ表示で ‘なし’ というゴミ表示が表示される場合があったので修正

 

Ver 1.9.0
* 2016-3-24

  • 機能追加/変更
    • lazyload レスポンシブイメージ(srcset,sizes)対応
    • Thumbnail optimize jpeg 画質指定を 90/82/70/60に変更
    • responsive-ads ビルボード(970×250), ポートレート(300×1050)を選択リストに追加
  •  その他
    • sharedaddy Hatebu アイコン表示が崩れる場合があったので修正
    • ミディウムラージ(中大)サイズ設定のバグ修正

 

Ver 1.8.2
* 2016-2-10  不具合対策

  • Instgram ID番号中にハイフォンがあるとサムネイル生成出来ていなかったので修正

 

Ver 1.8.1
* 2016-2-10  不具合対策

  • jQuery CDN の読み込みを http から https アドレスへ変更
  • Instgram https アドレス時にサムネイル生成出来ていなかったので修正
  • youtube, twitter のサムネイル生成も一部修正

 

Ver 1.8.0
* 2015-12-25   WordPress 4.4 への対応

  • 機能追加/変更
    • Thumbnail optimize
      • jpeg 画質指定を 90/80/70/60/50 の5段階に変更
      • ミディウムラージ(中大)サイズサポート(WP4.4)
      • レスポンシブイメージ srcset 停止機能の追加(WP4.4)
    • oEmbed
      • WordPress oEmbedカードと OGPブログカードの併用に対応(WP4.4)
      • 拡張アイキャッチ用の embed-template  追加(WP4.4)
      • WordPress oEmbedカード用の関連タグ出力停止機能追加(WP4.4)
      • Speaker Deck が wp4.4で標準サポートされたので 4.3以下のみのサポートに変更
  • その他
    • google photos サムネイルキャッシュ取得処理の正規表現不具合修正
    • Flickr サムネイル取得でSSL verify エラーが出る場合があったので対策
    • Microsoft Ajax CDN からロードする jQuery を 1.11.3 へ更新

 

Ver 1.7.0
* 2015-11-20

  • 機能追加
    • oEmbed 埋め込み用ウィジェット追加
    • oEmbed  Flickr 埋め込みで align 指定に対応
    • fitvids の oEmbed ウィジェットサポート追加
    • thumb-optimize google photos embed プラグイン用の共有ショートURLによるサムネイル生成対応
  • 停止機能
    • oEmbed  CodePen 埋め込みのキャプション処理を削除
    • fitvids の instagram 対応が不要となったので除外
  • その他
    • ogp用 Parser.php ライブラリ配置変更
    • はてなブログカード用 wp_oembed_add_provider(‘http://*’, ‘http://hatenablog.com/oembed’) リムーブ対策
    • thumb-optimize 外部画像拡張子が大文字時の不具合対応

 

Ver 1.6.1
* 2015-10-22

  • lazy load  celtis_s テーマ用の修正
  • ウィジェットでの抜粋取得時の embed url データ除去
  • GA popular post関連のCSS修正

 

Ver 1.6.0
* 2015-10-15

  • 機能追加
    • celtis_s テーマ用サポート
      • lazy load  celtis_s テーマ用の backbround-image に対応
      • responsive ads celtis_s テーマ用の DNS prefetch 追加
    • recent post 最近の記事ウィジェットに投稿フォーマット、カテゴリー選択追加
    • oEmbed&fitvids  Speaker Deck に対応
  • 停止機能
    • favicon, web clipicon の設定を WP4.3 以上で無効化
    • Sharedaddy popular posts の Twitter カウント取得停止
  • その他
    • Ultra help cache 承認待ちコメントが表示されない場合があったので対策
    • blog card  jpg アイコンが表示されなかったので対応
    • GA popular post チャートのバックグランドを透過色に変更
    • scroll-to top ボタンのデフォルトカラー変更
    • CSS 調整とコード整理といくつかのバグ修正

 

Ver 1.5.0
* 2015-8-10

  • 一時キャッシュ処理用に独自テーブル(wp_celtis_transient)作成
    • 外部画像キャッシュの管理を独自テーブルへ変更
    • 負荷低減用 ultra help cache の保存先を独自テーブルへ変更
  • Transient cleaner モジュール追加
    • 有効期限切れの Transient キャッシュクリア機能
  • Disable emoji モジュール追加
    • 絵文字用スクリプト、CSS出力停止機能(WP4.2 以上)
  • 廃止機能
    • CSS_JS_Minify 機能を廃止
    • widget load filter モジュールを単独プラグイン Widget Display Filter として分離
  • その他
    • Microsoft Ajax CDN からロードする jQuery を 1.11.2 へ更新
    • font-awesome のバージョンを 4.4.0 へ更新
    • oEmbed Blog card ogp:url 未定義時の対策
    • oEmbed Blog card 元画像の拡張子がない場合の対策

 

Ver 1.4.1
* 2015-4-17

  • plugin load filter モジュールを削除して、単独プラグインとして分離
  • Google ウェブサイト翻訳ツールの為の meta タグ設定エリア追加
  • code-prettify の pre タグに notranslate クラス追加

 

Ver 1.4.0
* 2015-3-19

  • 代替サムネイル機能を書きなおして拡張アイキャッチとしてコードを整理
    • ビジュアルエディター上で簡単に画像や動画のサムネイルを拡張アイキャッチに設定
    • 拡張アイキャッチの自動取得スキップ機能追加
    • Twitter Video サムネイル取得処理追加
    • Twitter Tweet のリンクURL先からOGPイメージ取得機能追加
  • oEmbed extend ブログカード処理を一部修正
    • OGPブログカード有効時 Tweeter Tweet 埋め込みの表示幅を最大600に設定
    • Twitter Video 埋め込み機能対応
    • oEmbed 埋め込みメタデータキャッシュクリア機能追加
  • その他
    • Scroll Page Top ボタンをWebフォントアイコンに変更
    • デバッグ/メンテナンス用に外部サムネイルファイル等のクリア機能追加
    • post branch utility で cbnet-ping-optimizerプラグイン使用時の ping 対策
    • plugin-load-filter 未定義ワークへのアクセスバグ修正
    • widget-load-filter 未定義ワークへのアクセスバグ修正

 

Ver 1.3.0
* 2015-2-18

  • post branch utility 記事の複製や予約更新機能を追加
  • Thumbnail optimize 外部ファイルサムネイルのキャッシュ処理高速化
  • その他
    • css-js minify twentyfifteen で js 並び替えでエラー発生したので対策
    • widget-load-filter で未定義変数へのアクセスワーニングを対策
    • プラグインバージョンの取得で動作環境によってエラーとなっていたので対策
    • Jetpack3 共有ボタンの追尾動作修正

 

Ver 1.2.0
* 2015-1-21

  • Jetpack3 OGP カスタマイズ機能追加
  • Jetpack3 共有カスタマイズ機能追加
    • Hatenaブックマーク追加
    • 公式ボタン以外で g+1/pocket/hatebu カウント表示機能追加
    • 共有数による人気記事ランキングウィジェット追加
  • RSS Feeds へアイキャッチ画像出力機能追加
  • その他
    • Blog card タイトル部の h2 -> h5 へ変更
    • プラグイン削除時にオプションデータは残すという設定なら ‘データも削除される’ というメッセージを表示しないよう対策
    • code-prettify prettify.js 最後の ; が抜けていた
    • css-js minify プラグイン無効時の css,js キャッシュクリア追加
    • css-js minify 条件判定付き css,js 読み込みに対応
    • responsive-ads 未定義ワークへのアクセスバグ修正

 

Ver 1.1.0
* 2014-12-25

  • Thumbnail optimize 代替サムネイル対象追加
    • youtube short url
    • Vimeo
    • Vine
    • Flickr
    • Instgram
    • SlideShare
    • CodePen
    • SoundCloud
    • Ustream
  • oEmbed extend 埋め込み追加対応
    • Vine(WP4.0 以下)
    • Ustream
    • CodePen
  • oEmbed extend 埋め込み HTML カスタマイズ
    • Flickr, CodePen 等へタイトル、著作者のキャプション表示機能
    • SoundCloud 埋め込みのサムネイルタイプ対応
  • OGPブログカード
    • 埋め込みURLから OGP 取得によるブログカード作成(WP4.0 以上)
  • FitVids iframe 要素のレスポンシブ対応追加
    • Vine
    • Instagram
    • Slideshare
    • SoundCloud
  • その他
    • バグフィックスとコードのクリーンアップ

 

Ver 1.0.0
* 2014-11-1 First release

WordPress Plugin : Celtispack” への47件のコメント

  1. お世話になります。celtispackをインストールしましたが、plugin load filterの設定画面がどこにも見当たりません。説明では管理画面→プラグインのところにあるはずのようですが・・。もちろん、celtispackの設定画面で、plugin load filterにチェックを入れました。何か確認事項などありましたら、ご教示いただければ助かります。

    1. 管理画面→プラグインのところに ロード条件設定 という項目があらわれないということは、機能が動作していないということです 
      インストール済みプラグインの画面を表示した時に、その画面の上の方に次のような表示があると思うのですが、必須と言う項目が表示されているでしょうか? 
      すべて (21) | 使用中 (16) | 停止中 (5) | 利用可能な更新 (7) | 必須 (2)

      この必須と言うリンクをクリックすると機能しているなら plugin load filter の情報が表示されるはずです。表示されていない場合はおそらく mu-plugins ディレクトリの作成が出来なかったのではないかと思われます

      FTPが使えるようでしたら wordpress サイトの下に wp-content というディレクトリがあるのですがそこに mu-plugins というディレクトリが作られているか確認してみてください
      もし mu-plugins というディレクトリがなければFTPから作成して頂いて書き込み権限を与えて頂ければ機能するようになると思います

      1. 早速のお返事をありがとうございます。申し訳ありません。テーマがceltis-oneではなく、賢威を使っていました。他のテーマでは使えないこともある、という点を見逃していました。ご指示の通りやってみましたが、やはりダメでした。

        1. 賢威というテーマは使用したことがないのでなんとも言えませんが、plugin load filter 機能はテーマにかかわらずほとんどの場合は動作するはずなので、テーマというよりは他のプラグインの影響を受けているかも知れません。

          特にキャッシュ系のプラグインなどが影響する可能性があると思われます
          通常は管理画面ではキャッシュを効かせていないと思うのですが、キャッシュ系のプラグインを使用しているならば、プラグインを停止して機能するかどうか確認してみてください

          また、WordPress3.7 以上、PHP Ver5.3 以上でシングルサイトが動作条件ですが、レンタルサーバーによってはセキュリティによってディレクトリやファイルの生成に制限が加えられている可能性もあります

  2. ありがとうございます。キャッシュ系のプラグインは確かに使ってます。autoptimizeです。停止してみましたが、変化はありませんでした。また、Wordpressのバージョンは、4.01で、シングルサイトです。ただ、PHPのバージョンが微妙に古いです。6.26となっていました。これが原因でしょうか?

      1. 申し訳ありませんが、PHPバージョン 5.26 では動作しません
        レンタルサーバーのPHPバージョンを変更可能なら 5.3 以上にしてみてください
        (出来るだけ最新版を使うのがお勧めです)

        1. 了解です。残念ながらサーバーさんは、バージョンアップの予定はないとのことでした。共用サーバーだから、要望が多くならないとアップしないそうです。plug in load filterに期待してただけに残念です。いろいろ教えていただき、ありがとうございました。

  3. 興味があり ダウンロードさせて頂こうとしたのですが
    ページ上部の ダウンロードと書かれた部分のボタンを 押してもトップページに飛ぶだけでした。
    (端末やブラウザ変えても変化なしでした)

    リンク先の間違いなら 修正して頂けると幸いです。

    こちらの勘違いであったならば 申し訳ございません

      1. 迅速な対応ありがとうございます。
        早速 ダウンロードして 使用しましたが (全部を試したわけでないですがw)
        問題なく機能しております♪

  4. ありそうでなかった素晴らしいプラグインですね!
    ありがとうございます。

    自分のサイトはグーグルフォト(外部リンク)から写真を
    とってきてますが、フォルダで分類しています。
    フォルダ内の写真はアイキャッチが取得できないようです。

    運用で問題なくカバーできますので、特にどうということはありませんが、
    情報としてお伝えしたくコメントさせて頂きました。

    それにしても、素晴らしいプラグインです。

    1. コメントありがとうございます
      グーグルフォトは使用していなかったので、ちょっと試してみましたが、画像共有のリンクではうまくコンテンツにリンク画像を表示出来ませんでした
      単純な外部画像のURLではないようですので画像のデータも取得できていないようです
      時間があるときに少し調べてみようと思っています

  5. 素晴らしいプラグインで使わせてもらっています。

    一つ要望なのですがmodules/functions.php内で読み込んでいるjQueryをhttpsにしていただけると嬉しいです。
    サイトがsslだと安全でないリソース~と表示されてしまうので…

    1. SSL対応って、いままで考えていませんでしたが、今後は必要になってきそうなので時間があるときに少し調べて見ようと思います

  6. はじめまして

    celtislabさん

    Celtispack1.8をダウンロードさせていただきました。

    WordPressは4.4.2です。

    インストールしたばかりなのでプラグインはJetpack3.9.1だけです。

    PHP5.5.30です。

    Instagramでサムネイルの取得を希望しているのですが、できませんでした。

    試しにTwitterもやってみたのですが、できませんでした。

    YouTubeは取得できました。

    Flickrも取得できました。

    私のためせる範囲でこのような結果になりました。

    希望はInstagramでの使用ですが上手くいきません。

    何か対処法がありましたら、アドバイスいただけると助かります。

    多分、なにか設定を間違っているとは思うのですが、自力で解決を試みても上手くいきませんでした。

    テーマはStacker Liteというものを使用しておりますが、標準のものでも同じ症状でした。

    大変お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

    1. Instgram のアドレスが https から始まっているとサムネイルの取得に失敗していました。
      修正バージョン 1.8.1 を作成しましたので試してみてください

      1. celtislabさま

        対応、ありがとうございます。

        使用してみたところ、ほぼほぼ問題はないのですが、2割ぐらいサムネイル画像が取得できないものがありました。取得できるInstagramと取得できないInstagramの違いが解らないのですが、取得できないものは手動でも無理でした。記事にはInstagramのアドレスしか貼っておらず、たまたまなのかなあ、とは思うのですが、時間がたっても取得できないままでした。

          1. Instagram のID番号にハイフォンがあった場合にサムネイル取得に失敗していました
            Ver1.8.2を作成したので試してみてください。 今度は大丈夫だと思います (^_^;)

          2. 返信ボタンが出なかったので、こちらで返信させていただきました。

            おかげさまで、完璧に動きました。

            対応していただき、感謝感謝です。本当にありがとうございます。

  7. はじめまして!
    celtislab様

    今回、大量記事をインポートする上、本文内の画像URLを自動で読み込んで、外部URLでアイキャッチを作成する処理を行うためにプラグイン使用させて頂いております。

    アイキャッチの表示は問題ないのですが、本文内にいくと
    もともと記事内に入っていた外部参照の画像とアイキャッチの両方が表示されてしまいます。
    この原因がわからず苦戦しているのですが、何かの設定間違いでしょうか?

    ご教示頂けますと幸いです。

    https://www.dropbox.com/s/bzt5vdila5tp3nq/cap.PNG?dl=0

  8. アイキャッチ画像の活用方法や表示の仕方はテーマによってまちまちです。
    お使いのテーマでは本文の最初にアイキャッチ画像を自動的に表示させるようになっていると思われますので、それと本文内の画像とで2つ表示されているのではないかと思われます。
    テーマを変えて(例えば私が公開している Celtis_sテーマ)どのような表示になるか確認してみてください。

    1. お返事ありがとうございます。Celtis_sテーマを使用すると正常に本文内の画像からアイキャッチが生成できていました。テーマの方でアイキャッチを作成する処理があるとこうなってしまうのですね・・・

  9. はじめまして、こちらのテーマを使わせていただいています。ありがとうございます。少し困ったことになってしまって、もしご教授いただければ幸いとコメントさせていただきます。今日、Celtis_sパックの中のPost Widget Areaをコンテンツ後に追加するをやってみたところ、今までサイドバーにあったものが全部下に行ってしまいました。直そうと思ってもどうやってももどりません。こちら初心者でどうすればいいかわからず困っています。ぜひどうすればいいか、教えていただければありがたいです。ちなみにトップページやアーカイブは大丈夫です。よろしくお願いします。

  10. サイトを見させて頂いて現象は確認しました。
    原因としては Celtis_s テーマの single.php の31行目にあるはずの /div 閉じタグが出力されていないためにレイアウトが崩れてしまっています
    コンテンツ後のウィジェットエリアにはウィジェットを登録されていないようなので関係なさそうな気がします。single.php を編集されたのか、何か他のプラグインによって出力されるはずの /div の閉じタグが出力されなかったかのかと思われます

    1. ありがとうございます。書かれている通りにしたら直りました。本当に感謝です。地図を表示したくていろいろと触っていた途中消してしまったようです。丁寧に対応していただいて、本当に助かりました。ありがとうございました。

  11. はじめまして。
    プラグインを便利に使わせて頂いております!
    バージョン 4.4.4に自動更新したら、ブログカードがWordpress oEmbed 形式で表示されるようになってしまいました。
    oEmbed 用タグの出力停止の項目もチェックしております。
    解決する方法などありましたらご教授いただけないでしょうか?

    1. WordPress側で 自サイトの oEmbed Content カード埋め込み処理が変わったので Celtispack のブログカードが表示されなくなってしまったようです
      対策した Ver2.0.1 を作成したのでバージョンアップして下さい

      ちなみに、WP oEmbed Content カードで埋め込まれたコードは、”oEmbed 埋め込みデータキャッシュクリアボタンを TineMCEエディタに追加” 機能を有効にするとクリアする為の歯車マークのボタンが追加されるのでクリックしてキャッシュをクリアしてからそのページを再表示すれば指定したブログカード形式で埋め込まれます(投稿記事を更新する必要はありません) (^^)

  12. お世話になっております。
    wordpressを4.5.3にして、Celtispackを最新の2.0.1にしたら、icomoonで表示していたアイコンが表示されなくなってしまいました。
    celtispackを以前のバージョンにしたり、プラグインを停止するとアイコンが表示されます。
    何か対策方法はありますでしょうか??

    1. 恐らく ver2.0.0 の scroll-to top スクロールボタンのアイコンを fontello 作成のものと差し替えるという変更が影響しているのではないかと思われます
      celtispack-style.css ファイルの280行目の定義で icon- で始まっているクラス名が干渉してしまっているのではないかと思われるので、icomoon で使用しているクラス名を変更するか、スクロールボタンの機能を使っていないのなら celtispack-style.css 255行目以降を無効化して頂ければ表示されるようになると思いますので試してみてください

  13. お世話になっております。
    WordPress 4.5.3 に、「Version 2.0.1」をインストールして使用しようとしたところ、
    プラグインを有効にすると投稿の予約が「予約投稿の失敗」とエラーが出てしまい、
    予約投稿が機能しなくなります。
    プラグインを停止にすると、予約機能が正常に動作するようになります。

    ただ、この現象はサーバーに事象が起きる場合と起きない場合があり、
    サーバーの環境に依存するもののようです。

    FUTOKA(https://www.futoka.jp/)だと、上記のような事象が起きてしまいますが、
    Xサーバー(https://www.xserver.ne.jp/)だと事象は起きず、正常に動作します。

    FUTOKAへ問い合わせをしてみましたが、下記の回答があり、問題解決できておりません。
    =====
    プラグイン「Celtispack」に関して調査いたしましたが、
    動作条件や予約投稿機能への影響範囲などが不明であり、
    原因の特定には至りませんでした。
    =====

    サーバー環境によって、予約投稿機能に支障がでるようなことは考えられますでしょうか。
    また、解決方法などわかりましたら教えていただけると助かります。

    以下、テストした環境の情報です。

    サーバー情報:https://www.futoka.jp/?mode=about_course&course=100gb
    WordPressバージョン:4.5.3
    有効プラグイン:Celtispackのみ

    以上、宜しくお願い致します。

    1. 実際に検証したわけではありませんが、futoka のサーバー情報ページには PHP 5.2.17 となっていますので、これが原因で正常に動作していないと思われます
      Celtispack の動作は PHP5.3 以上なら概ね使えると思いますが、 5.6 以上推奨です

      1. ご回答ありがとうございます!原因がわからずに困っていたので大変助かりました!
        サーバー側にPHPのバージョンについて問い合わせてみたいと思います。

  14. はじめまして。
    Post Branch Utility機能を便利に使用させて頂いております。
    「固定ページ」と「投稿」では問題ないのですが、カスタム投稿タイプに対応していますでしょうか。
    カスタム投稿タイプでは表示されません。
    今後カスタム投稿タイプに対応して頂くことは可能でしょうか。

    1. 現在のところカスタム投稿タイプには対応していません

      自分用に作った機能で、私自身がカスタム投稿タイプを使っていないのと、この機能を公開してからのフィードバックもほとんどなく、どの程度の需要があるのかも不明です

      一応要望として将来的には対応したいと思いますが、いつまでに対応しますというお約束はできません

      1. カスタム投稿タイプへの対応ありがとうございます。
        プラグインをバージョンアップし早速使用させていただきました。

  15. はじめまして。
    こちらのプラグインのサムネイルとブログカードを使わせて頂きたいのですが、ワードプレスにインストールしたのち、有効化はできたのですが、その後、設定をして保存使用とするとエラーが起きます。
    私の環境はwpxクラウドサーバー、賢威7のテンプレートを使用しているのですが、これらとの相性が悪いなどあるのでしょうか。

    他の機能もとても使いやすそうなので、是非使ってみたいので、よろしくお願いします。

    1. wpxクラウドサーバー、賢威7 ともに使ったことがないのでよくわかりませんが、どのようなエラーが出ているのでしょうか
      エラー内容を詳しく教えてください

      また、テーマを 私の作成した Celtis_s や公式テーマの Twenty Sixteen 等に切り替えた場合にどうなるかも確認してみて下さい

      1. お返事ありがとうございます。

        エラー内容は設定を反映させようとすると

        Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/chimchan/chimchan.com/public_html/wp-content/plugins/celtispack/cp-settings.php on line 1020

        Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /home/chimchan/chimchan.com/public_html/wp-content/plugins/celtispack/cp-settings.php:1020) in /home/chimchan/chimchan.com/public_html/wp-includes/pluggable.php on line 1174

        このような表示が出ます。

        テーマをCeltis_sにしてみましたが、同じエラーが出ました。
        wpxクラウドはキャッシュ系のプラグインが上手く動かないとのことですが、それが関係しているのでしょうか。

        1. cp-settings.php ファイルの 1020 行目のワーニング対策をした Ver2.2.1 を作成しました。 2つ目のエラーはちょっとわからなかったのですが、1つ目と関連していそうなので同時に解消されるかもしれません

          WPXクラウドは独自のキャッシュを使用していたり、制約も多そうなのでこの対策で使えるようになるかどうかわかりませんが、とりあえず Ver2.2.1 を試してみてください 

          1. ありがとうございます。
            無事に動作することを確認しました。
            早急な対応ありがとうございました。

コメントを残す